フラットなラウンドバッグの作り方・型紙

*シンプルで簡単かわいい*
フラットなラウンドバッグの作り方・型紙

手順が少なく簡単でかわいいラウンドバッグです。

使いたい表布がコットンシーチングより薄手で柔らかかったので、内布には中厚のオックスを使いました。

[型紙] PDFファイル

フラットなラウンドバッグの型紙は、

裁ち図を含めA4サイズ4枚です。

型紙(PDFファイル)を表示するには、フリーソフト「アクロバットリーダー」が必要です。

025b14_00a.jpg

さげた時のイメージ

025b14_00b.jpg

持ち手部分

025b14_00c.jpg

裏返しています・内側はこんな感じ

025b14_00d.jpg

後ろ側は前側と同じです

■仕上がりサイズ(約):幅40cm・高さ32cm(持ち手除く)・マチなし・ 持ち手38cm
■使用材料:綿麻シーチング プリント・コットンオックス無地(キナリ) ★生地の用尺はPDFファイルの裁ち図をご参照ください。

■作り方を参考にしていただいて、作りやすい方法でお作りください♪

■まち針やクリップ、アイロンをかけるなど特に記載していない場合がありますが、必要に応じて使用してください。

025b14_01.jpg
no01.gif

型紙を切り抜き番号通りにつなぎ合わせます。縫い代込みです。

型紙は半分のサイズですので「わ」のラインで反転して全体を書き写してください。

​★全体の型紙を作るには、半分に折った紙に「わ」の位置を合わせて書き写し切り抜くか、貼り合わせた型紙を2枚作り、一方を裏返して「わ」の位置で貼り合わせます。

025b14_04.jpg
no04.gif

縫い代を割ります。使用したのが柔らかい生地だったので切り込みは入れませんでしたが、ハリのある生地の場合はカーブに切り込みを入れてから縫い代を割ってください。

025b14_07.jpg
no07.gif

角を目打ちなどで整えてアイロンをかけ、返し口側を下にして内布に縫い付けます。返し口は先に縫いとじる必要はなく、そのまま縫います。

上部の両端は三角に縫います。

025b14_10.jpg
no10.gif

表布を表に返してから、内袋の中に入れます。

​中表に合わせた状態です。

025b14_13.jpg
no13.gif

縫い代を割ってアイロンをかけます。

025b14_16.jpg
no16.gif

内袋を中に収めます。

025b14_19.jpg
no19.gif

縫い代を割って両側の縫い代を折り込み、口周りと持ち手の縁にアイロンをかけます。

025b14_02.jpg
no02.gif

裁ち図を参考にして、生地をカットします。

ポケットの型紙はありませんので、寸法図をご参照ください。

025b14_05.jpg
no05.gif

ポケットの表布と内布を中表に合わせて、返し口を開けて縫い合わせます。

025b14_08.jpg
no08.gif

内布を中表に合わせて、返し口を開けて縫い合わせます。

025b14_11.jpg
no11.gif

表布と内布の、口周りと持ち手を揃えて縫います。

持ち手の端は後で繋ぎ合わせる為に7cm縫い残しておきます。

025b14_14.jpg
no14.gif

返し口から、表にひっくり返します。

025b14_17.jpg
no17.gif

まずは片側の持ち手の表布同士を中表に合わせて縫い合わせます。

025b14_20.jpg
no20.gif

口周りと持ち手の縁にぐるりとミシンステッチをかけます。

縫い残した部分は先に縫いとじる必要はなく、そのまま縫います。

025b14_03.jpg
no03.gif

表布を中表に合わせて縫い合わせます。

025b14_06.jpg
no06.gif

縫い代を折って返し口から表に返します。

四隅の角の縫い代をつまんで返すとキレイに返しやすいです。

025b14_09.jpg
no09.gif

角のカーブの縫い代に8ミリくらいの切り込みを入れて、縫い代を割ります。

025b14_12.jpg
no12.gif

カーブ部分の縫い代に8ミリくらいの切り込みを入れます。

025b14_15.jpg
no15.gif

返し口をコの字綴じまたはミシンで縫いとじます。

025b14_18.jpg
no18.gif

次に内布同士を中表に合わせて縫い合わせます。

もう一方の持ち手も同様に縫い合わせます。

025b14_kansei.jpg
no21.gif

完成です。

使用した材料や手芸本などを紹介しています
よかったら見てくださいね