bag_06_00.jpg
裏地なしで簡単♪巾着エコバッグ・レジ袋タイプの作り方

レジ袋タイプのマチのあるエコバッグを巾着にしました。

Lサイズのレジ袋くらいの大きさです。

コードを絞ると、置いても中身が崩れにくいので使いやすいと思います。

裏地なしで縫い代を袋縫いにしましたので、簡単でキレイに仕上がります。

ぜひ、作ってみてください。

◎PDFファイル

巾着エコバッグの型紙は、原寸大型紙ではなく、型紙寸法図です。

A4サイズでプリントできます。

型紙(PDFファイル)を表示するには、

フリーソフト「アクロバットリーダー」が必要です。

bag_06_00a.jpg

横のマチをたたむと本体はレジ袋の形で Lサイズのレジ袋くらいです

bag_06_00b.jpg

底の大きさは33×16cm

マチを広げて横幅49cmです

bag_06_00c.jpg

口は大きく開きます

▼デコレクションズの生地を使いました。

​ 楽天市場で購入できます。

■仕上がりサイズ:(レジ袋のように横のマチをたたんだ状態で)幅33cm・高さ42cm・持ち手高さ13cm・マチ16cm

■使用材料:コットンプリント2種類・コットンコード

■作り方を参考にしていただいて、作りやすい方法でお作りください♪

■アイロンをかけたり、まち針を打つ工程は特に記載していませんが、縫い代を倒したり折りたたんだりする時は、アイロンをかけてください。また、まち針についても、縫い合わせる時など、必要に応じてまち針を打ってください。

bag_06_01.jpg
no01.gif

寸法図の通りに生地とコットンコードをカットします。

bag_06_05.jpg
no05.gif

裏返して、両サイドを8cm折ります。

底を縫いしろ1cmで縫います。これで底も袋縫いができました。

bag_06_09.jpg
no09.gif

持ち手を付けます。

口部分を横に広げて平らにし、中心から8cmのところに印をつけます。この時、両端の折り目にも印を付けておきます。

持ち手を半分に折り、折り山を下にして中に入れ、外に5cm出してマチ針で固定します。それぞれ、布端から0.5cmの所を仮止め縫いします。

bag_06_13.jpg
no13.gif

2.5cm間隔で、2本ぐるりと縫います。これでコード通しができました。

bag_06_02.jpg
no02.gif

縫い代を袋縫いにしますので、まず、外側を表にして横方向に二つ折りにし、縫い代0.7cmで端を縫います。

bag_06_06.jpg
no06.gif

表に返します。

​両脇にレジ袋のようにマチができました。

bag_06_10.jpg
no10.gif

コード通しの生地を表を外側にして中に入れます。中から見るとどちらの生地も裏側が見える状態です。

縫い目を「9」で付けた両脇の印に合わせてクリップかマチ針で固定します。

縫い代1cmでぐるりと縫います。

bag_06_14.jpg
no14.gif

コードを通します。

通し口からぐるりと回って入れた側へ出します。もう一方の側も同様にぐるりと回って通し、どちらもコードの端を結びます。

bag_06_03.jpg
no03.gif

裏返して縫い代を整えます。

縫い代1cmで端を縫います。これで袋縫いができました。

bag_06_07.jpg
no07.gif

持ち手を作ります。

最初に半分に折って中心に折り目を付けてから開き、両側から中心線に合わせて折りたたみます。

それを半分に折ります。仕上がり幅3cmです。

ステッチ間隔0.5cmくらいで両側二本ずつ縫います。

これを2本作ります。

bag_06_11.jpg
no11.gif

コード通しの生地を外に開きます。縫い代は本体側に倒し、端を1cm折り込みます。

bag_06_kansei.jpg
no15.gif

完成です♪

bag_06_04.jpg
no04.gif

次は底を袋縫いにします。

表に返して、縫い目を中心へずらします。

底を縫いしろ0.7cmで縫います。

bag_06_08.jpg
no08.gif

コード通し部分の生地を縫います。

中表に重ねて縫い代1cmで両端を縫いますが、間を2.5cm開けて縫います。

縫う部分は上下とも3.5cm、開ける部分は2.5cmです。

次に縫い代を割って、縫い目の両側をミシンで押さえます。縫い目から0.3cmあたりを縫います。

bag_06_12.jpg
no12.gif

コード通しの生地全体を本体側に倒し、上下2カ所を縫って本体にぐるりと縫い付けます。上下とも端から0.3cmくらい。