フィードサックトートバッグの作り方・型紙

*可愛いヴィンテージ生地*
フィードサックトートバッグの作り方・型紙

大好きなフィードサックを使って

リネン斜め掛けバッグと本体が同じデザインのトートバッグを作りました。

お好みのプリント生地で作ってくださいね♪

[型紙] PDFファイル

フィードサックトートバッグの型紙は、原寸大型紙ではなく型紙寸法図です。

A4サイズでプリントできます。

型紙(PDFファイル)を表示するには、フリーソフト「アクロバットリーダー」が必要です。

bag11_00a.jpg

後ろはシンプルに無地のナチュラルリネンです

bag11_00b.jpg

中はリネン斜め掛けバッグと同じです

bag11_00c.jpg

ボタンはかんたんプラスナップを使いました

bag11_00d.jpg

黒のタグにしてみました(ASHIATOYAさんのタグです)

■仕上がりサイズ(約):幅30cm(マチ含まない)・高さ34cm・マチ4cm・ 持ち手35cm
■使用材料:リネン無地(ナチュラルカラー)・コットンプリント(見本はフィードサック)、コットンオックス無地(生成)・接着キルト芯(薄手)・接着芯(ふつう) ★生地の用尺はPDFファイルの裁ち図をご参照ください。
 ★その他:リネンテープ22cm・プラスナップ13ミリ 1組・タグ1枚 (参考:仕上がりサイズ3.5×3.5cm)

■作り方を参考にしていただいて、作りやすい方法でお作りください♪

■まち針やクリップ、アイロンをかけるなど特に記載していない場合がありますが、必要に応じて使用してください。

bag11_01.jpg
no01.gif

見返しに接着芯を貼り、表布後ろに接着キルト芯を貼って寸法通りにカットします。接着キルト芯は薄手です(1.5ミリ厚くらいの物を使いました)

bag11_04.jpg
no04.gif

左上から順に、中表に重ねて縫い合わせ、縫い代を上に倒してミシンで押さえます。同様に順に縫い合わせて、縫い代を上に倒してミシンで押さえます。

bag11_07.jpg
no07.gif

タグを縫い付けます。タグのサイズによって位置が多少変わると思いますが、画像の位置を参考にしてください。使用したタグは仕上がり3.5×3.5cmです。

bag11_10.jpg
no10.gif

ポケット布を半分に折って中心線の織り目を付け、テープの上端を中心線に揃えて縫い付けます。

bag11_13.jpg
no13.gif

ボタン留めの布を縫います。上下の縫い代を裏側へ折り、中表に合わせて両側を縫い合わせます。

bag11_16.jpg
no16.gif

内布と見返しを中表に合わせて縫い合わせます。

bag11_19.jpg
no19.gif

縫い代を割ってマチをたたみ、4cmを測って縫います。もう一方も同様に縫います。

縫い代を底側に倒します。

bag11_22.jpg
no22.gif

表布をひっくり返して表側を外にします。中心から左右に5cmずつ10cm幅の位置に持ち手の内側を合わせます。1cm上に出るようにして縫い代0.5cmで仮止め縫いします。

bag11_25.jpg
no25.gif

内布を中に収め、口周りを整えてミシンステッチをかけます。

bag11_02.jpg
no02.gif

他の生地も寸法図の通りにカットします。

縫い代込みです。(持ち手以外は縫い代1cmです)

その他、リネンテープ、スナップボタン、タグもお好みでご用意ください。

bag11_05.jpg
no05.gif

次に左側から順に中表に合わせて縫い合わせていきます。縫い代を、表から見て左側に倒してミシンで押さえます。

同様に、順に縫い合わせて、縫い代を倒してミシンステッチで押さえます。

bag11_08.jpg
no08.gif

後ろ表布と前表布を中表に重ねて、下両側の角を2cm角に切り取ります。次に両側と、底を縫います。

bag11_11.jpg
no11.gif

ポケット布を中表に半分に折り、返し口を残して縫います。

bag11_14.jpg
no14.gif

縫い代の端を内側へ引っ張り、縫い代の角が外へはみ出さないようにしてから表に返します。次に、周りにぐるりとミシンを掛けます。これを二つ作ります。

bag11_17.jpg
no17.gif

もう一方にも見返しを縫い合わせ、どちらも見返し側に縫い代を倒して、ミシンで押さえます。

bag11_20.jpg
no20.gif

持ち手の布を縦に半分に折って中心線の折り目を付け、両側から中心線に合わせてたたみます。それを更に半分に折り、両側に二本ずつミシンステッチをかけます。これを2本作ります。

bag11_23.jpg
no23.gif

表布は外が表側、内布は外が裏側の状態で、表布と内布を中表に合わせるよう表布を中に入れます。上端を揃えて縫い合わせます。

bag11_26.jpg
no26.gif

ボタン留め布にプラスナップを付けます。

bag11_03.jpg
no03.gif

前表布のパッチワーク部分を並べ、左の列から順に縫っていきます。右端は13×39cmのリネン表布です。

bag11_06.jpg
no06.gif

表布を全部つないだら薄手の接着キルト芯を貼ります。

縫い代の重なりがある為、接着キルト芯の側からアイロンをかけます。アイロンにのりが付くのが気になる場合はクッキングシートを重ねてください。

bag11_09.jpg
no09.gif

縫い代を割ってマチをたたんで縫います。

マチの縫い代は底側に倒します。

bag11_12.jpg
no12.gif

縫い代を折ってから表に返し、返し口を整えてポケット付け位置に縫い付けます。ポケット口は三角に縫います。(図は分かりやすく大きく書いていますが、適度な大きさに縫ってください)

bag11_15.jpg
no15.gif

見返しの中心に置き9.5cmの幅に両側を合わせ、真ん中を少し浮かせるように縫い付けます。もう一方も同様に縫い付けます。

bag11_18.jpg
no18.gif

内布を中表に半分に折り、返し口12cmを残して左右を縫います。

bag11_21.jpg
no21.gif

柔らかいリネンを使ったので、ミシン掛けで少しうねりが出てしまいました。この場合は水を軽く霧吹きしてアイロンをかけると直ります。(水通し済みの生地の場合です)

bag11_24.jpg
no24.gif

返し口から表に返して、返し口をコの字綴じ、又はミシンで縫いとじます。

bag11_27.jpg
no27.gif

完成です。

使用した材料や手芸本などを紹介しています
よかったら見てくださいね