ダブルガーゼにアップリケ♪裏地あり巾着袋の作り方・型紙

*マスクの残り布を使って*
ダブルガーゼにアップリケ♪裏地あり巾着袋の作り方・型紙

マスクの内側用に使った白いダブルガーゼの残り布で、巾着袋を作りました。

同生地のアップリケがシンプルで、見た目も手触りも優しい巾着袋になりました。

[型紙] PDFファイル

ダブルガーゼにアップリケ♪裏地あり巾着袋の型紙は、原寸大型紙ではなく型紙寸法図です。A4サイズでプリントできます。

型紙(PDFファイル)を表示するには、フリーソフト「アクロバットリーダー」が必要です。

029p11_00a.jpg

​シンプルなアップリケ

029p11_00b.jpg

口部分がフリルになって可愛いです

029p11_00c.jpg

ASHIATOYAさんのタグを使いました

029p11_00d.jpg

​後ろ側です

■仕上がり(型紙でのサイズ):幅22cm・高さ24cm・マチなし
■使用材料:★生地の種類と用尺はPDFファイルの裁ち図をご参照ください。
 ★その他:ひも(使用したのはリネンコード)70cm 2本 ・折りタグ(使用したものは幅1.5cm )

■作り方を参考にしていただいて、作りやすい方法でお作りください♪

■まち針やクリップ、アイロンをかけるなど特に記載していない場合がありますが、必要に応じて使用してください。

029p11_01.jpg
no01.gif

寸法図を参照して生地をカットします。本体は縫い代込みです。

その他、ひも、お好みでタグもご用意ください。

029p11_04.jpg
no04.gif

角まで縫ったら、角を支点に斜めに折り込みます。

029p11_07.jpg
no07.gif

縫い代を割って表布と内布の縫い目が重なる位置にずらしてたたみ直し、タグを底から5cmの位置に挟みます。

縫い目から2.5cm下に1.5cmのひも通し口を開けて両側を縫います。

029p11_10.jpg
no10.gif

縫い目を境に内布を中に収めて、アイロンで整え、口周りにミシンをかけます。返し口は先に縫いとじる必要はなく、そのまま縫います。

029p11_02.jpg
no02.gif

表布の底中心線から4cmの位置で、左右の中央にアップリケ布を乗せてしつけをします。

V字部分とくり抜き部分のカーブに切り込みを入れます。切り込みはぎりぎりまで入れます。

029p11_05.jpg
no05.gif

次にカタチに沿って折り込みます。

続けてたてまつりします。外側のカーブはひと針縫うごとに縫い代を折り込みながら縫います。

アップリケの縫い付けが終わったらしつけをはずします。

029p11_08.jpg
no08.gif

縫い代を割ります。

029p11_11.jpg
no11.gif

ひも通しを作ります。口から2.5cmの位置と、その下1.5cmの位置をぐるりと縫います。(1.5cmはひも通し口が開いている部分です)

029p11_03.jpg
no03.gif

針先で縫い代を折り込みながら、たてまつりで縫います(慣れている方は奥たてまつりで)。

角の縫い代は二段階で折ります。折り方は次へ。

029p11_06.jpg
no06.gif

内布と表布を中表に合わせて、返し口を8cm開けて上下を縫います。

029p11_09.jpg
no09.gif

返し口から表にひっくり返します。

029p11_12.jpg
no12.gif

両側のひも通し口からひもを通します。

029p11_kansei.jpg
no13.gif

両側のひもの端を結んで、完成です。

使用した材料や手芸本などを紹介しています
よかったら見てくださいね