ふっくらポケットトートバッグ 無料型紙 ハンドメイド BEE FACTORY
ふっくらポケットトートバッグの作り方

タックのあるふっくらポケットを付けたちょっと大きめのトートバッグです♪

ざっくりしたヘンプ混リネンの素材感が生きるよう

底がまぁるく、くったりなるよう本体のマチは広めにとりました。

また、リネンの素材感を活かすために表の芯は口部分だけにしましたが、内布全体に薄手のキルト芯を貼っていますので、程良いしっかり感もあります。

◎PDFファイル

ふっくらポケットトートバッグの型紙は、一部原寸大型紙で、その他は型紙寸法図です。

裁ち図を含めてA4サイズ4枚です。

型紙(PDFファイル)を表示するには、

フリーソフト「アクロバットリーダー」が必要です。

bag_05_00a.jpg

広めのマチで丸みがかわいい♪

bag_05_00b.jpg

ポケット口のくったりがいい感じ

bag_05_00c.jpg

中の布を考えるのも楽しい♪

■仕上がりサイズ:上幅48cm・底幅32cm・高さ32cm・マチ16cm・ 持ち手48cm
■使用材料:ヘンプ混リネン(ブラック系)・ヘンプ混リネン(ブラック系チェック)・コットン(北欧柄)
 接着芯・薄手の接着キルト芯

■作り方を参考にしていただいて、作りやすい方法でお作りください♪

■アイロンをかけたり、まち針を打つ工程は特に記載していませんが、縫い代を倒したり折りたたんだりする時は、アイロンをかけてください。また、まち針についても、縫い合わせる時など、必要に応じてまち針を打ってください。

bag_05_01.jpg
no01.gif

型紙をプリントして切り抜き、貼り合わせます。

ポケット以外は、作図寸法に合わせて型紙を作るか、または布にラインを引いて、縫い代を付けそれぞれカットします。 

本体二枚の口側の上部7cmに接着芯を貼ります。

bag_05_05.jpg
no05.gif

縫い代を口布側に倒し、全体に接着キルト芯を貼ります。

bag_05_09.jpg
no09.gif

縫い代は表側に倒してアイロンをかけ、表に返します。

返し口の縫い代を中に折り、アイロンで整えます。

タグを付ける場合はこの時点で付けておきます。(この時点では付ける予定ではなかったので、作り方画像にはタグが付いていません)

bag_05_13.jpg
no13.gif

もう一方も表布と底布を同じように縫い合わせ、縫い代は底側に倒します。

中表に半分に折って、両側を縫い合わせ、縫い代は割ります。

bag_05_17.jpg
no17.gif

持ち手を挟んで、表袋と内袋を縫い合わせます。外袋は中が表、内袋は外が表の状態にしておきます。

外袋の持ち手付け位置に持ち手を合わせて、縫い代から5cm見える位置にまち針で留めます。

内袋を中に入れます。
(表袋と中袋が中表に合わさり、その間に持ち手が挟まれている状態です)

口の周りをぐるりと縫い合わせます。

bag_05_02.jpg
no02.gif

本体一枚の表にポケット付け位置の印を付けます。
型紙は半分ですので、中心線に合わせて左側に印を付け、裏返し反転して、右側にも印をつけます。

bag_05_06.jpg
no06.gif

ポケットの型紙に縫い代をつけて、同じ物を二枚カットします。表になる側の上部5cmに接着芯を貼ります。 

bag_05_10.jpg
no10.gif

本体表のポケット付け位置に、ポケットの上部の角、下の中央、合い印を合わせてまち針を打ちます。
カーブの部分は自然に沿わせます。
(このときポケットの横幅ははたるんだ状態です)

周りをミシンで縫い付けます。

bag_05_14.jpg
no14.gif

マチを縫います。
 

bag_05_18.jpg
no18.gif

内袋の返し口から表袋を引っ張り出し、表に返します。

内袋の返し口を手縫いで縫い閉じます。
(縫い目が気にならなければ、ミシン縫いでもOKです)

bag_05_03.jpg
no03.gif

持ち手を作ります。
最初に半分に折って中心に折り目を入れてから開き、両側から中心線に合わせて折りたたみます。
それを半分に折り、両側をミシン縫いで押さえます。
これを二本作ります。

bag_05_07.jpg
no07.gif

ポケット布のタックを縫います。
タックの外側の印同士を中表に合わせて、縫い代部分のみミシンで縫い合わせます。
その後、両側に開いてタックにします。

ポケット布は二枚とも同じようにタックをとります。

bag_05_11.jpg
no11.gif

ポケット上部の両端にタックをとります。布の厚み分があるので、型紙通りにならないかもしれませんが、平らに置いた状態でたるみ分をタックにして、左右に同じ幅のタックをとります。

タックを図のように本体に縫い付けます。図は分かりやすく、上をずらして書いていますが、上部は揃えてください。

bag_05_15.jpg
no15.gif

内布を半分に折り、返し口を残して両側を縫い合わ、 縫い代を割ります。

bag_05_19.jpg
no19.gif

内袋を中に収め整えて、口側の周りにミシンをかけます。

持ち手の補強に、図のように縫います。

bag_05_04.jpg
no04.gif

表と同じ布の口布を、内布の両側の口に中表に合わせて縫い合わせます。

bag_05_08.jpg
no08.gif

ポケット布を中表に合わせ、返し口を残してぐるりと縫い合わせます。

bag_05_12.jpg
no12.gif

本体底を縫い合わせます。

まず、片方の表布の下側と底布の長辺を中表に合わせて、縫い合わせます。

bag_05_16.jpg
no16.gif

底のマチ部分をたたんで、16cmのマチをとって縫います。

縫い代はそのまま底側に倒し、内袋を表に返しておきます。

bag_05_kansei.jpg
no20.gif

完成で〜す。

★ポケットはボタンで留める予定でしたが、ポケット口のくったり感が可愛いかったのでボタンはやめて、ポイントに革タグを手縫いで付けました。


★タグをミシンで縫いつける場合は「作り方9」の時点でつけてください。

​★きちんと留めたい場合はボタンを付けてください。